プリマハムが逆行高で200円大台回復、PB商品供給元で恩恵

 プリマハム<2281.T>が全体相場に逆行高、持ち前の材料株素地を前面に押し出す展開で1月23日以来の200円大台を回復した。消費勝ち組に属するコンビニ業界は、PB商品の好調が収益を牽引している。そのPB商品を供給する食肉メーカーとして同社の業績も拡大基調を強めている。同社の14年3月期営業利益は前期比1.9%増の74億円を計画しているが、市場筋の間では大幅増益の公算が大きいとみられており、これを先取る買いが流入している。PER11倍台と割安感があることも、短期資金の食指を動かしている。

プリマハムの株価は9時36分現在201円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)