タツタ線が7日続落、いちよし経研がフェアバリューを引き下げ

 タツタ電線<5809.T>が7日続落。この日は、いちよし経済研究所が3日付で投資判断「B」を継続し、フェアバリューを700円から650円に引き下げたことが観測されている。ハイエンドのスマートフォン需要の伸び悩みの影響を依然として受けているとして、同経研による電子材料事業の収益見通しを下方修正したことが要因。15年3月期は同経研による営業利益予想を60億円から55億円(今期予想比10.0%増)へ引き下げたが、固定費増加一巡から緩やかながら増益に転じると予想している。

タツタ線の株価は9時51分現在560円(▼19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)