<前場の注目銘柄>=栄研化学、臨床検査薬の需要好調

 栄研化学<4549.T>は好業績のディフェンシブ銘柄であり、再評価余地は大きい。

 同社は臨床検査薬の大手。14年3月期第3四半期(4~12月)の連結経常利益は前年同期比3.5%増の26億1100万円だった。

 大腸がん検診の普及に伴い便潜検査用試薬の需要が拡大したほか、ピロリ菌除菌関連製品の需要が伸びている。また、遺伝子検査(LAMP法)の製品・ライセンスのグローバル展開を推進したことなども寄与した。

 今3月期の予想連結経常利益27億円に対する進捗率は96%に達し、30億円前後への増額修正期待は強い。

 株価は再度2000円回復を目指す動きが見込めそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)