星光PMCが連日の急騰、東証1部値上がりトップ

 星光PMC<4963.T>が一時ストップ高目前の378円高は1978円まで買われ新値街道をまい進、東証1部の値上がりトップに買われている。同社株は前日も全体相場急落のなかでストップ高に買われ異彩を放っていたが、きょうも個人投資家を中心とする短期資金の買いが集中している。同社は京都大学などとともに、自動車や電子部品、機械など幅広い分野に応用が期待される次世代素材セルロースナノファイバーを共同開発、本格商業化を目指しており、これが買いの手掛かりとなっている。また、タッチパネルの電極向けに電気抵抗値の低い「銀ナノワイヤ」と呼ばれる銀製の液体状の新素材を開発したことも伝えられており、これが新たな上昇思惑を呼んでいる。

星光PMCの株価は10時21分現在1850円(△250円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)