メディアSが買われる、第2四半期経常損益が2900万円の黒字に転換

 メディアシーク<4824.T>は一時、前日比38円高の815円まで買われる場面があった。同社はきょう午前10時に、14年7月期第2四半期(13年8月~14年1月)の連結決算を発表。経常損益が2900万円の黒字(前年同期実績は3800万円の赤字)となり、これが買い手掛かりとなっているようだ。
 第2四半期の連結売上高は7億7100万円(前年同期比19.9%増)、最終損益は1600万円の赤字(前年同期実績は5100万円の赤字)で着地。システムコンサルティング業務が拡大し、主力の法人事業の売上高が前年同期比47.4%増と大きく伸びたことが業績改善につながった。
 なお、14年7月期通期の連結決算見通しは、売上高が15億5300万円(前期比12.8%増)、経常利益が2100万円(同21.8%増)、最終利益が500万円(同87.7%増)とする従来予想を据え置いている。

メディアSの株価は11時5分現在801円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)