ピジョンが4日続落、前期大幅増収益達成も今期保守的な見通しで失望売り

 ピジョン<7956.T>が4日続落。前日取引終了後に発表した前14年1月期の連結決算は売上高774億6500万円(前の期比19.0%増)、経常利益110億200万円(同48.9%増)と大幅増収増益を達成したが、今1月期は売上高845億円(前期比9.1%増)、経常利益118億円(同7.3%増)と保守的な予想を示したことが失望売りを誘ったようだ。ただ、寄り後に前日比215円安の4360円まで下げた後は前日比10円安の4565円まで戻している。前期は中国や北米を中心とした海外事業の拡大に円安効果も加わり売上げが増加、設備稼働率の向上もあって収益性が大きく向上した。前回37円としていた期末配当を55円に引き上げている。

ピジョンの株価は11時30分現在4535円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)