共栄タが3日続伸、ウクライナ情勢緊迫化がタンカー市況上昇につながるとの見方強まる

 共栄タンカー<9130.T>が3日続伸。ウクライナ情勢の緊迫化がタンカー市況の上昇につながるとの見方が台頭しており、物色人気がにわかに高まっている。ロシアの軍事介入とそれに伴う欧米各国による対ロシア制裁発動の可能性が強まる中、ロシアへの経済制裁に踏み切った場合、石油、天然ガスなどの資源を他国からの調達に切り替えることになるため、海上輸送にはプラスに働くとの見方が強い。タンカー保有比率が高いことから、海運株の中でも同社にメリットが大きいとみられているようだ。

共栄タの株価は12時46分現在233円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)