富士重は貸倒引当金計上で今3月期連結純利益予想を下方修正

 富士重工業<7270.T>は4日取引終了後に、今14年3月期の連結純利益予想を前回の2210億円から1920億円(前期比60.6%増)に下方修正した。国を被告として提起していた防衛省向け戦闘ヘリコプターAH-64Dの初度費請求訴訟で同社の請求が棄却されたことに伴い、判決通りに確定した場合に備え、今3月期連結決算に貸倒引当金として約297億円の特別損失を計上するため。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)