ロック・フィールドが14年4月期業績を下方修正、原料価格の上昇など響く

 ロック・フィールド<2910.T>は4日、2014年4月期連結業績の減額修正を発表した。今4月期の売上高は506億円から490億5000万円(前期比0.4%増)に見直したほか、営業利益は24億4300万円から15億3000万円(同19.2%減)、純利益は13億5100万円から8億6000万円(同2.4%減)に下方修正した。惣菜業界は、コンビニエンスストアや百貨店との競合が激化しているほか、今期は昨年秋の台風・大雨、今年2月の大雪などが売り上げ減少要因となった。また、エビなどの価格高騰や円安による原価への影響もあり、利益は従来予想を下回った。
 また、今4月期の期末配当は従来予想から5円減の22円とすることも明らかにした。中間配当の18円と合わせて年間配当は前期と同じ40円となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)