JVCKWが4日ぶり反発、来期人件費など固定費65億円削減と報じられる

 JVCケンウッド<6632.T>が4日ぶりに反発。きょう付の日本経済新聞で、15年3月期に約65億円の固定費を削減する見通しだと報じられたことを材料視。記事によると、約400人の希望退職者募集や海外拠点の再編が寄与するという。14年3月期は希望退職に伴う割増退職金の計上などが響き、純損益は70億円の赤字(前期11億4600万円の黒字)を予想しているが、15年3月期は固定費削減によって黒字転換も見えてきそうだ。
 また同様に、車載機器の拠点再編を進めるほか、13年6月に実施した716人の希望退職などの効果で、来期は約15億円の固定費削減に取り組むと報じられたパイオニア<6773.T>も高い。

JVCKWの株価は9時6分現在227円(△5円)
パイオニアの株価は9時6分現在231円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)