ソニーが反発、PS4販売台数600万台突破

 ソニー<6758.T>が3日ぶり反発。前日の欧米株市場が総じて上昇、米国株市場ではS&P500が史上最高値を更新するなど外国人投資家が運用リスクをとりやすくなっており、外国為替市場でも足もと円安傾向にあることから、輸出主力株である同社株にも買いが集まりやすくなっている。同社は4日、新型家庭用ゲーム機「プレイステーション4」の販売台数が2日時点で600万台を突破したと発表しており、これを評価する買いも株価を刺激している。同社は3月末までに500万台の販売目標を掲げていたが、既にこれを大きく上回っている。

ソニーの株価は9時4分現在1771円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)