ウクライナ不安は本当に終了?=外為どっとコム総研 石川久美子

ウクライナ不安は本当に終了?
昨日、ウクライナについて、ロシアによる目先の武力行使がなくなったと受け止められ、主要国株価は上昇。これを好感して、ドル/円は102円台を回復した。
ただ、今朝の時点では米国は経済制裁を行う姿勢を緩めておらず、緊張事態はまだ続く可能性があるため、安易に「ウクライナ問題は終わった」と判断するのは時期尚早とみる。じっくりと市場のムードを確かめて行きたい。

ただ、情勢が安定するようなら、素直に米経済イベント睨みの展開となろう。7日の米2月雇用統計の発表を控えて、前哨戦となる米2月ADP全国雇用者数の結果には特に注目だ。市場予想を上回った場合は、2月に頭を押さえられた102円台後半での攻防が焦点になる。