セルシードが急伸、CBと新株予約権による資金調達を評価

 セルシード<7776.T>が急伸。4日に第1回無担保転換社債(CB)型新株予約権付社債と第12回新株予約権を発行すると発表、最大で27億円強を調達することを前向き評価する買いが流入している。ともにウィズ・ヘルスケアPE1号投資事業有限責任組合への第三者割当方式で発行する。第1回CBの発行額は5億円で、満期は2018年3月20日の4年債。第12回新株予約権の資金調達額は最大で約22億8000万円。第1回CBと新株予約権の転換・行使価格はともに1294円。
 第1回CBと新株予約権による合計の調達金額の上限は約27億8000万円で次世代細胞シート再生医療パイプラインなどの研究開発資金などに充てる。CBや新株予約権の株式転換が進むことによる希薄化は懸念されるものの、この日は資金調達を前向きに評価する買いが流入している。

セルシードの株価は10時17分現在1391円(△128円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)