<動意株・5日>(前引け)=くら、セルシード、アシックス商

 くらコーポレーション<2695.T>=4日続伸。同社は4日、大引け後に第1四半期(13年11月~14年1月)業績を発表。連結売上高233億9000万円(前年同期比11.1%増)、営業利益11億5400万円(同17.0%増)と2ケタ増収増益を達成したことが好感されている。昨年12月に本格珈琲4アイテムを新発売、加えて1月に大手回転寿司業界で初めてとなる「極上ふぐフェア」を実施するなどキャンペーン効果が寄与している。

 セルシード<7776.T>=急伸。4日に第1回無担保転換社債(CB)型新株予約権付社債と第12回新株予約権を発行すると発表、最大で27億円強を調達することを前向き評価する買いが流入している。ともにウィズ・ヘルスケアPE1号投資事業有限責任組合への第三者割当方式で発行する。第1回CBの発行額は5億円で、満期は2018年3月20日の4年債。第12回新株予約権の資金調達額は最大で約22億8000万円。第1回CBと新株予約権の転換・行使価格はともに1294円。

 アシックス商事<9814.T>=大幅高。親会社のアシックス<7936.T>が4日大引け後、株式交換で同社を完全子会社化すると発表したことを材料視。アシックス商事株1株に対して、アシックス株1.33株を割り当てる予定で、自社株を充当することから新株発行の予定はないという。アシックスでは、昨年11月にアシックス商事の完全子会社化を発表しており、12月18日までのTOBでアシックス商株式の90.05%を既に取得しており、残りを株式交換で取得する。なお、アシックス商は3月20日付で上場廃止となる予定。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)