今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は102.20円を挟んでもみ合いに終始しました。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

3/5(水)
18:30☆(英) 2月PMIサービス業
19:00☆(ユーロ圏) 1月小売売上高
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・改定値
22:15☆(米) 2月ADP全国雇用者数
24:00☆(加) 加中銀政策金利発表
24:00☆(米) 2月ISM非製造業景況指数
28:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

3/6(木)
09:30☆(豪) 1月貿易収支
09:30☆(豪) 1月小売売上高
※☆は特に注目の材料

今日は欧州・北米ともに主要経済イベントが並んでいます。
特に、米国の2月ADP全国雇用者数の結果は、7日発表の米2月雇用統計の前哨戦として注目されます。また、ISM非製造業景況指数の構成要素の一つである雇用指数も、併せて確認する必要があるでしょう。

豪ドルに関しては、明日の豪州の貿易収支および小売売上高も要チェックになります。