東レは原料樹脂を自在に複合できるナノ断面制御技術を開発

 東レ<3402.T>は5日に、繊維の断面形態をナノメートル単位で任意に制御することで、さまざまな原料樹脂を自在に複合させることができる革新的な合成繊維製造技術を開発したと発表した。
 今回開発したナノ断面制御技術を使って作られた複合繊維は、これまでのナノファイバーでは困難であったソフト性やかさ高性、ストレッチ性を持たせることが可能。同社ではこの技術を使った超極細繊維の生産を既に始めており、今後は快適衣料やスポーツ衣料、産業資材用途など幅広く展開するとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)