6日の株式相場見通し=手掛かり材料難によるエネルギー不足で反落

 6日の東京株式市場は、手掛かり材料難による市場エネルギー不足が続くなか、売り優勢で、日経平均株価は反落の展開となりそうだ。ウクライナ情勢はひとまず落ち着いているものの、新たな買いにつながる材料が見当たらないのが現状。
 5日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が前日比35ドル安の1万6360ドルと小幅反落した。2月のISM非製造業景気指数が51.6と市場予想の53.5下回ったことなどから、NYダウ平均株価は売りに押される展開となった。6日早朝の外国為替市場は、1ドル=102円30銭台での小幅な推移となっている。
 日程面では、2月の車名別新車販売台数、2月のオフィスビル市況、1月の鋼材用途別受注統計に注目。海外では、米10~12月期の労働生産性(改定値)、米10~12月期の資金循環統計、ECB(欧州中央銀行)理事会が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)