特殊陶が3日続伸、プラグ部品の拠点再編と報じられる

 日本特殊陶業<5334.T>が3日続伸。きょう付の日本経済新聞で、エンジン点火プラグの中核部品の生産拠点を再編すると報じられたことを材料視。記事によると、岐阜県可児市の新工場が4月に稼働するのに伴い、17年をメドに主力の小牧工場(愛知県小牧市)や名古屋市にある本社工場から部品の製造ラインを新工場に移管・集約するという。自動車の世界市場の拡大を背景に、20年にプラグの年間生産量を現在よりも3割多い10億個に増やす方針で、中核部品の拠点集約により生産効率を高めるのが狙いと。効率化による収益改善効果への期待感から買われているようだ。

特殊陶の株価は9時5分現在2347円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)