常磐開発が一時S高、14年3月期業績予想と配当予想を上方修正

 常磐開発<1782.T>が一時ストップ高し昨年3月15日につけた昨年来高値を一気に更新した。5日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の160億円から165億円(前期比12.8%増)へ、営業利益を同6億円から9億円(同3.7%増)へ、純利益を同3億5000万円から5億円(同9.6%増)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。営業利益、純利益は減益予想から一転して増益予想となる。復興関連工事の完工増などで売上高がほぼ計画通りに進捗したことに加えて、全社的な経費削減と効率的な工事現場運営および資材・外注コストの低減努力などが奏功し工事採算が改善したことが寄与した。
 また、業績予想の修正を踏まえて、従来、普通配当7円50銭を予定していた期末一括配当について、特別配当2円50銭を加えて10円にするとあわせて発表した。

常磐開発の株価は9時52分現在350円(△74円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)