<前場の注目銘柄>=岡部、3年後営業益100億円目指す

 岡部<5959.T>は上値を慕う展開だが、PER17倍の水準からまだ上値余地は大きそうだ。

 前13年12月期は、建設投資の回復に加えて、現場の一手不足や工期短縮に貢献する「ベースパック」など高付加価値製品の需要が増加し、営業利益は会社計画を約5億円上回る63億8600万円(前の期比34%増)で着地した。今14年12月期は、前期比12%増の71億5000万円を見込むが、これは前中期経営計画を3年前倒しで達成することになる。

 そのため、新たな中期計画を策定し、17年12月期に営業利益100億円を目指す方針だが、東京オリンピックに向けた建設投資の拡大や積極的なM&Aなどで達成確度は高そうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)