電子材料が急伸、短期資金攻勢で25日移動平均線超え

 日本電子材料<6855.T>が急伸、東証1部値上がり率上位に買われている。半導体検査用プローブカード大手だが、輸出比率は約5割あり、採算性の高いロジックIC向けが海外で好調となっている。微細化に対応した最先端プローブカードが思惑材料を内包。発行株数1000万株で浮動株比率は29%と小型で品薄感が強く、06年2月には高値3700円まで買われるなど仕手性の強さが特長だ。今年1月に特定資金攻勢の観測のなかストップ高を連発、株価をわずか1週間で倍化させたが、その後は調整、目先は25日移動平均線を上回ってきており人気再燃の気配にある。

電子材料の株価は10時28分現在450円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)