豪ドル経済指標を受け一段高

日足ラインもサポートに
昨日はピンクの強い日足ラインの上で上昇リスクから始まりました。
ラインの上では、基本強いと思って見ます。

昨日朝9時は目先時間足のRSIが買いすぎとなり反落しましたが、
91.23円では”基準の日足ライン”がサポートの格好で反発。
1時間足チャート分析
現状は1調時間足のRSI(下段)は買いすぎのゾーン、
日足ポイントを盾に買っていた場合は、一部でも利食い可。

クロス円が強いイメージなら、
買いの盾にした日足ライン(ピンク)の下にストップをおいてキープも可。
とりあえず買ってみたのなら、
1調時間足の買いすぎで一部利食っておけば
下げてラインの下に置いた残りポジションのストップがついても負けない取引になる。

常に、日足のラインと1,4時間足で判断することにより、精度を高めます。