冶金工が商い急増で大幅続伸、需給改善で仕手性再燃

 日本冶金工業<5480.T>が商い急増のなか大幅続伸、仕手性を再燃させている。重荷となっていた信用買い残もピーク時から3割減少、足もとは3000万株を大きく割り込んできており、需給面の整理が進んでいる。同社はニッケル精錬からの一貫体制を敷くが、ニッケルを中心とした非鉄金属価格に上昇観測が強まるなか、再度上値追いに向けた思惑が膨らんできた。同社はニッケル精錬設備を保有していることから設備を持たない同業他社に対し大きな優位性を持つことが特長。今後も鉱石価格の上昇は株高材料として意識されそうだ。

冶金工の株価は10時52分現在324円(△28円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)