日本コンピュータは今3月期業績予想を下方修正し配当予想引き下げ

 日本コンピューター・システム<9709.T>は6日取引終了後に今14年3月期の連結業績予想を下方修正、あせて配当予想を引き下げた。
 業績予想は前回の売上高160億円を150億円(前期比1.5%減)、経常利益5億円を1億3000万円(同52.0%減)へ減額。売り上げが計画を下回り、研究開発費の増加や不採算プロジェクト、持分法適用関連会社への投資損失も収益を圧迫する。利益が計画を大きく下回ることから、前回6円としていた期末一括配当を3円に引き下げる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)