商船三井が3日続伸、有利子負債1兆円以下に削減へ

 商船三井<9104.T>が3日続伸。同社は17~18年をメドに、14年3月期末予想で1兆1100億円に上る有利子負債残高を1兆円以下に削減する方針と7日付の日本経済新聞が報じており、財務面での改善は評価材料となる。低下基調にあった自己資本比率も17年3月期をメドに35%程度への回復を目指す方針と伝えられる。足もとの海運市況はばら積み船の値動きを示すバルチック海運指数などが回復歩調にあるほか、為替も円安方向に振れており環境はプラス要因が目立ってきている。

商船三井の株価は9時10分現在433円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)