UBICがS高、人工知能応用技術で情報漏えい等を予兆する新サービスを評価

 UBIC<2158.T>が続騰、ストップ高カイ気配。同社は6日に人工知能が監査手法を自動的に学習し、Knowledge(知識・知見)を駆使して監査をサポートする新ソフト「Lit i View EMAIL AUDITOR(リット・アイ・ビュー イーメール・オーディター)」を開発、4月1日よりサービスを提供することを発表、これが好感されている。新たに開始するサービスはカルテルや情報漏えいなどの“温床”となる社員の業務用電子メールに関して、従来のメール監査技術では工数がかかりすぎて不可能と考えられていた常時監査を可能にしていることから、多くの企業から関心が高まりそうだ。

UBICの株価は9時18分現在2915円(△500円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)