ドル円、正念場。

マーケットコンディション
昨日のドル円は、102.29円で始まると、小動きながら、じりじりと値を上げ、欧州時間には102.円の後半で推移した。NY時間、米新規失業保険申請件数がポジティブな数値となった事から、102円後半のストップを巻き込み103円台を突破し、103.16円の高値をつけた。その後103円台をキープしながら103.05円でクローズをむかえた。
ドル円、正念場。
101円から102円後半の重かったレンジを上抜け103円台に突入した。そして、本日は月内最大のイベントである米国雇用統計の発表である。更に上抜けした場合、トレンド発生の可能性が大きくなる。今年のドル円相場が活況になるかどうかの正念場とみる。
下振れのリスクを取りながらも、上昇期待で買いから攻めてみたい。

☆戦略
買い
ポイントレベル
105.44(1/2の高値)
105.00
104.91(1/16の高値)
104.00
103.64(105.44-100.73の61.8%戻し)
103.08(105.44-100.73の50.0%戻し)
102.53(105.44-100.73の38.2%戻し)
102.20(96.94-105.44の38.2%戻し)
101.20(3/3の安値)
101.00
100.73(2/4の安値)
100.61(97.62-105.44の61.8%戻し)
100.00

注)本日の予想は3月6日9:25に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。