インヴァスト証券が3日続伸、為替のもみ合い放れで売買活性化期待

 インヴァスト証券<8709.T>が3日続伸。同社はオンラインの外為証拠金取引などを手掛ける。ここ為替が1ドル=103円台に入るなど円安方向に振れ、もみ合いを放れる動きにあることから個人投資家の売買活発化による手数料収入の拡大に期待する買いが入っているようだ。6日発表した2月度月次営業収益は2億7200万円(前年同月実績4億8500万円)、預かり証拠金残高は717億1200万円(同792億3100万円)だった。2月の外国為替市場のドル円相場は、101円から102円半ばを中心としたレンジ内の取引となったことで、FX市場では短期的な取引が出来高の中心となり、中長期で利益を狙う取引が大きく減少した。

インヴァストの株価は9時39分現在1252円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)