ビットアイルが新安値、業績下方修正受け岩井コスモ証は「B+」に引き下げ

 ビットアイル<3811.T>が3日続落。株価は前日に比べ18円安の613円まで売られ昨年来安値を更新した。データセンターを運営する同社は4日に14年7月期の連結業績予想を減額修正しており嫌気売りが続いている。今期の売上高は188億円から180億円(前期比8.0%増)、純利益は20億円から15億円(同11.9%減)に下方修正している。
 この業績下方修正を受け、岩井コスモ証券では6日に投資判断を「A」から「B+」に引き下げた。目標株価は750円(従来1000円)とした。同証券では、「業績予想の下方修正はスマートフォン向けゲームを配信する大口顧客の解約などが影響している。企業のクラウド関連投資の拡大などから来期は業績回復が期待できる」とみているものの、「短期的な業績モメンタム(勢い)の悪化を考え投資判断をいったん引き下げる」としている。

ビットアイルの株価は10時11分現在617円(▼14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)