三井化学は4日続伸、太陽光発電に関する診断とコンサルティング事業を新規開始

 三井化学<4183.T>が4日続伸。同社は6日、ドイツのPI(Photovoltaik-Institut Berlin AG)と太陽光発電に関する診断とコンサルティング事業を開始すると発表。PIから独占的にライセンスを受ける契約の締結に向けて協議中で、既に国内の銀行や発電事業計画者、研究機関等と本事業に関する契約締結を進めている。 
 この合意に基づき、太陽光パネル診断(選定時、設置前の品質・信頼性評価)や、太陽光発電所診断(運用時の発電性能評価、不良パネルの検出、発電所転売時の資産価値評価)、コンサルティング(発電所の計画・検収での支援、第三者評価レポートの発行)を行っていく。

三井化学の株価は11時30分現在277円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)