青山商が4日続伸、2月既存店売上高前年割れも想定の範囲内、客単価上昇を評価

 青山商事<8219.T>が4日続伸。10時30分ごろに発表した2月次売上高で、既存店売上高は前年同月比2.4%減と4カ月ぶりに前年実績を下回ったが、記録的な大雪により客数が同8.7%減となったことが要因として想定の範囲内との見方が強い。客数の減少に対して、客単価は6.9%増と1月の同5.9%増を上回っており、これを評価する買いが優勢となっている。なお、全店ベースでは同0.4%増と4カ月連続で前年実績を上回った。

青山商の株価は12時35分現在東2777円(△100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)