クラリオンが反発、日立と共同で自動駐車システム開発と報じられる

 クラリオン<6796.T>が反発。きょう付の日経産業新聞で、日立製作所<6501.T>子会社の日立オートモティブシステムズと共同で、クルマを自動で駐車できるシステムを開発したと報じられたことを材料視。記事によると、自動車にカメラを取り付けて、駐車できる空間や障害物を認識し、その情報をブレーキや車の駆動部品に伝えて自律的に動く仕組みだという。現在普及し始めている自動衝突防止システムに加えて、さらに複雑な動きが必要な縦列駐車や車庫入れが自動でできるようになれば、自動運転の実現に向けて大きなステップにつながるとしている。18年に完成車に搭載して商品化すると伝えれられており、こうした期待感から出来高も大きく膨らんでいる。

クラリオンの株価は12時42分現在145円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)