楽天が冴えない、東商取参入を検討と報じられるもコスト増を懸念か

 楽天<4755.T>が冴えない。きょう付の日本経済新聞で、傘下の楽天証券が東京商品取引所への参入を検討すると報じられている。商品先物を所管する経済産業省から、東商取の上場商品を扱う国内商品先物業者としての許可を取得。具体的なサービス開始時期や内容などは未定としているが、証券と商品先物の垣根をなくす総合取引所構想が進まず、金融機関の参入は限定されていることから、コスト増を懸念する売りが出ているようだ。

楽天の株価は13時18分現在1408円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)