富士ソフトが4日続伸、再生医療や人間型ロボットなど展開材料豊富

 富士ソフト<9749.T>が4日続伸。3月3日に2000円割れで底値を確認、そこから継続的な買いが流入し反騰態勢を強めている。独立系SI(システムインテグレーション)大手で制御系ソフト開発に強みを持っている。ノンバンク向けが好調で収益高水準、また、再生医療分野への展開では軟骨再生で許認可段階にあるなど材料性も内包している。人間型ロボット開発にも踏み込んでおり、知能化技術を統合させたヒューマノイドロボット「パルロ」が高齢者向け生活支援ロボットとして引き合い旺盛、今後の展開に注目が集まっている。

富士ソフトの株価は14時7分現在2191円(△42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)