住友大阪が昨年来高値、セメント好調で今期増額含み

 住友大阪セメント<5232.T>が6日続伸、高値419円まで買われ昨年12月2日につけた昨年来高値418円を払拭した。きょうは建設関連株の一角が動意含みとなるなか、建設資材を手掛ける同社株にも買いが波及している。マンション建築需要旺盛でセメント出荷が高水準、電子分野では光変調器などが利益に貢献しており、14年3月期純利益は前期比47.5%増の110億円が予想されているが、なお増額含みとみられている。また、業績好調を受けて期末増配の可能性も指摘される。

住友大阪の株価は14時31分現在416円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)