メドレックスのエトドラクテープ剤が欧州特許庁で承認、リドカインテープ剤も米国で承認取得

 メドレックス<4586.T>はこの日、大引け後に同社が特許出願中のイオン液体化したエトドラクのテープ剤が、欧州特許庁から承認の通知を受けたことを発表した。エトドラクは、非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)に分類され、疼痛および炎症の経口治療薬として全世界で幅広く使用されている薬物。貼付剤としての開発は同社のETOREATが世界最初の試みとなる。
 同時に同社が特許出願中のリドカインテープ剤も、米国特許商標庁から承認通知を受けたことを発表している。リドカインテープ剤は多くの人々の生活の質の低下を来す一因となっている慢性疼痛対策として同社がILTS(イオン液体を利用した独自の経皮吸収型製剤技術)を用いて製剤開発したリドカインのテープ型貼付剤。基本特許の有効期間は2028年までとなっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)