ASTIは14年3月期経常利益を1億8000万円に上方修正

 車載用電装品などを手掛けるASTI<6899.T>は7日取引終了後に、14年3月期通期の連結業績見通しを上方修正。売上高は従来予想の340億円から352億円(前期比9.0%増)に、経常利益は3000万円から1億8000万円(同59.2%減)、最終損益は収支トントンから2000万円の黒字(同89.4%減)に引き上げた。
 消費税増税前の駆け込み需要などで、車載電装品・ホームエレクトロニクス事業の売り上げが、従来予想を上回る見通しとなったことが主な要因。また、円安で海外子会社の円建て債務に為替換算益が見込まれることも利益を押し上げる。
 また、同社はこれまで未定としていた期末配当を1円にすると発表。この結果、年間配当は1円(前期10円)となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)