買い意欲旺盛で上値試す

日銀金融政策決定会合が焦点
来週(10~14日)の東京株式市場は、今週の上昇の勢いを引き継いで上値を試す動きとなりそうだ。
日経平均株価の想定レンジは、1万4900~1万5600円とする。
 7日の東京株式市場は、大引けにかけて買い直され日経平均株価終値は、前日比139円高の1万5274円と4日続伸した。今年初めての4日続伸となったのに加え、昨年末高値から2月安値の半値戻し水準に当たる1万5158円を、終値で回復したことで反発基調が鮮明となった。
 来週一番の注目点は、10~11日に開催される日銀金融政策決定会合。
市場関係者の多くは金融政策は据え置くと見ているものの、一部には追加緩和を期待する声もあり、内容によって波乱展開となる可能性もある。
 
 日程面では、日銀金融政策決定会合(10~11日)、1月の国際収支、10~12月期のGDP改定値、2月の景気ウォッチャー調査(10日)、黒田日銀総裁会見、2月のマネーストック、東日本大震災から3年(11日)、1~3月期の法人企業景気予測調査、2月の消費者態度指数(12日)、1月の機械受注(13日)、メジャーSQ、1月の鉱工業生産(確報)・稼働率指数(14日)。
海外では、米2月の財政収支(12日)、中国2月の鉱工業生産指数・小売売上高・都市部固定資産投資、米2月の小売売上高(13日)が焦点となる。
押しの半値戻し達成で反発基調が鮮明に
7日の東京株式市場は、大引けにかけて買い直され、4日続伸した。
今年初めての4日続伸となったのに加え、昨年末高値から2月安値の半値戻し水準に当たる1万5158円を、終値で回復したことで反発基調が鮮明となってきた。さらに、75日移動平均線(1万5275円=7日)とほぼ同水準まで値を戻している。

 相場格言にも「半値戻しは全値戻し」とあるように、下落の押し幅の半分も戻るということは、地合い自体が前向きに評価されはじめた証拠ともいえ、相場自体が強くなければ半値戻しはしないと判断することもできそうだ。
次の目標は、昨年末高値から2月安値の3分の2戻しに相当する1万5530円水準となる。