東洋建が高い、14年3月期純利益18億円に上方修正し配当も2円増額

 東洋建設<1890.T>が4%を超える上昇をみせている。同社は7日、14年3月期通期の連結業績予想と期末配当予想の修正を発表した。売上高は従来予想の1350億円から1450億円(前期比13.3%増)、営業利益は35億円から36億5000万円(同28.3%増)、純利益は13億円から18億円(同62.6%増)に上方修正しており、これがポジティブサプライズとなった。公共投資が堅調に推移したほか、民間設備投資も回復基調が継続し、会社側想定を上回っている。さらに、業績好調を受けて期末配当を従来予想の5円から7円に2円増額、前期実績比でも2円増配となることで、短期筋の買い人気を増幅しているもようだ。

東洋建の株価は9時38分現在362円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)