<前場の注目銘柄>=ファンコミ、アフィリエイト絶好調

 ファンコミュニケーションズ<2461.T>の上昇に期待したい。

 国内広告市場は、今年はソチ五輪に続きサッカーW杯などのビッグイベント効果もあって増加基調が続く見通し。そのなか、ヤフーがネット通販サイトの出店料を無料化したことがネット広告市場拡大の起爆剤となっている。とりわけモバイル向けネット広告の伸びが顕著であり、同社のスマホ向けアフィリエイト広告が書き入れ時を迎えている。14年12月期営業利益は前期比35%増の55億円を見込むが一段の上乗せも視野。

 3月7日からは東証1部へ市場変更となり、TOPIXをベンチマークとするファンド系資金の買いなども期待される場面だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)