EIZOがしっかり、第3四半期進捗率9割超で長期上昇波かげりなし

 EIZO<6737.T>がしっかり。前週末まで4日続伸と上値慕いの動きを強めていたが、きょうも目先の利益確定売りをこなし頑強ぶりを発揮している。パソコンや遊技機用など高品質モニターの専業メーカーで、業績好調。昨年1月以降13週移動平均線は下回っても26週移動平均を明確に下回ったことがなく、1年以上にわたり長期上昇トレンドを一貫させている。欧州向けにモニターが好調、為替の円安・ユーロ高に伴う輸出採算の改善も寄与している。14年3月期営業利益は前期比2.9倍の60億円を見込むが、3~12月期時点で営業利益は55億8800万円に達しており、通期に対する進捗率は9割を超えていることから一段の増額が見込まれる。15年3月期はその反動も意識される場面だが、「高利益率の医療用などが牽引」(証券系調査機関)することで、営業利益段階では続伸が有望視されているようだ。

EIZOの株価は10時46分現在2844円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)