ブレインパッドが続伸、ビッグデータ活用を政府が後押しと報じられ関連銘柄に物色

 ブレインパッド<3655.T>が続伸。8日付の日本経済新聞で、「経済産業省は、商品の購入履歴や鉄道の乗車記録といった消費者データの安全な活用を促すため、企業に新たな認証制度を導入する」と報じられたことを材料視。記事によると、情報の取得方法や外部提供の有無などを審査して「お墨付き」を与え、消費者の安心感を高める狙いで、個人情報を新商品開発や広告に生かす「ビッグデータ」の発展につなげるとしていることから、ビックデータの予測・分析を支援するデータ分析ソフトに強い同社にも、関連銘柄物色が波及しているようだ。

ブレインパッドの株価は10時51分現在1690円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)