ラウンドワンが堅調、2月既存店4.0%減も大雪原因で悪材料視されず

 ラウンドワン<4680.T>が続伸。同社は7日、大引け後に2月の月次売上高速報を発表、既存店で前年同期比4.0%減となっている。第1週目と第2週目の週末付近に中部地方から関東地方を中心に記録的な大雪となった結果、同地域の一部店舗や施設が営業不能となったことが減収の要因であることから悪材料視されていない。また通常営業が可能な店舗の集客にも大きなマイナス影響を及ぼしているが、大雪の影響が一巡する3月は回復が期待されよう。

ラウンドワンの株価は11時3分現在814円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)