<後場の注目銘柄>=日立ハイテク、受注好調で大幅増益続く

 日立ハイテクノロジーズ<8036.T>は中段もち合いから上放れそうだ。日立系エレクトロニクス商社だがメーカー機能も持ち、自社開発の半導体装置を主力とする。

 13年4~12月期は最終利益が前年同期比26%減の84億4400万円と低迷したことから狼狽売りを余儀なくされたが、半導体装置の受注は好調であり、利益は期末偏重で14年3月期通期の会社側計画の192億円(前期比57.8%増)達成は可能である。

 問題は15年3月期の見通しだが、欧州向け科学・医用システムが復調しているほか、増産への対応から半導体装置も引き続き増勢が見込まれ、大幅増収増益が有望視される。信用買い残も低水準で上値は軽い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)