システム ディが急伸、投機資金仕切り直しの動き

 システム ディ<3804.T>が急伸、きょうで4日続伸、持ち前の材料株素地を前面に押し出し値運びの速さが際立っている。同社は発行株数がわずか324万株と小型で浮動株比率も27%弱と流通株式に品薄感が強い。昨年12月に特定資金介入思惑を背景に株価は300円台から4ケタ大台替えまで一気に駆け上がったのは記憶に新しい。「ここにきて25日移動平均線を足場に仕切り直しの動きが表面化」(市場関係者)している。学校向けなど特定業種に特化したソフト開発を手掛けるが、既存納入先の学校のシステム投資が増勢で収益を押し上げており、クラウド型サービス運用も好調で12月中旬に業績予想を増額、ファンダメンタル面からのアプローチでも買いの根拠がある。

システム ディの株価は13時7分現在620円(△40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)