ミライアルは軟調、14年1月期純利益は69%減益で売り先行

 ミライアル<4238.T>は軟調。7日発表した2014年1月期の連結純利益は前の期に比べ69%減の4億4200万円だった。半導体シリコンウエハーの出荷用域の販売が低迷したことが響いた。15年1月期中間期(14年2月~7月)の純利益は前年同期比で53.6%減の1億4000万円が予想されている。通期見通しは公表されていない。
 いちよし証券は10日、この決算を踏まえてレーティングの「B」を継続するとともに、フェアバリューを1500円から1400円に引き下げた。主力製品である半導体ウエハ出荷容器「FOSB」の短期回復は難しいとみている。

ミライアルの株価は13時30分現在1411円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)