日鋳造がストップ高、熱膨張ゼロの合金材料の実用化に成功

 日本鋳造<5609.T>がストップ高。昨年5月8日につけた昨年来高値161円を一気に更新。同社はきょう、熱膨張ゼロの合金材料の実用化に成功したと発表。これが材料視されているようだ。
 新しく開発した合金材料の製品名は「LEX-ZERO(レックス ゼロ)」で、現在、特許出願中という。「LEX-ZERO」は、材料の熱変形に起因する精度誤差を解消することができ、半導体デバイス製造や液晶製造、超精密・微細加工、精密光学機器など多くの分野での利用が期待されている。

日鋳造の株価は15時現在163円(△50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)