日銀金融政策決定会合で追加緩和があるのか?

市場の一部では期待も
今日から2日間の予定で日銀金融政策決定会合が開催されています。

市場参加者の大部分は現状維持を予想しています。しかしながら、特に株式市場の一部では、4月の消費税増税を前に、景気を下支えする為に追加の金融緩和を決定するのではないか、との予想もあります。

何かを決定するのであれば、ETFやJ-REITの買い入れを増額すると予想されますが、4月以降もCPと社債の買い入れを残高維持目的以外も継続するという可能性も考えられます。

ただ、これまでの黒田日銀総裁の発言を見ると「これまでのところ2%の物価目標達成に向けた道筋を順調にたどっている」としていて、実際にコアCPIもむしろ想定よりも強い、との見方もあって追加緩和をする理由が見つけにくくなっています。

ただ、大幅な円安にも関わらず輸出が数量ベースで伸び悩んでいることから、消費税増税で国内消費が落ち込む可能性がある中、事前に何らかの手当が必要、との考え方もあります。

最初にご紹介したように現状維持がメインシナリオではありますが、株式市場の一部に追加緩和期待があることから、現状維持となった場合、大きな値幅とはならないと思いますが株安で円高、という動きになると予想しています。