太平洋セメが反発、来期米国事業が6年ぶりに黒字転換と報じられる

 太平洋セメント<5233.T>が高い。きょう付の日本経済新聞で、米国事業が15年3月期に6年ぶりに黒字化する見通しだと報じられたことを材料視。記事によると、08年のリーマン・ショックで落ち込んでいた住宅着工が回復し、セメント需要が拡大するとしているほか、値上がりも浸透して利益率が改善するという。一方、国内では道路・防波堤など震災復興に伴う需要が減っていくとみられることから、米国の立ち直りが全体の業績の下支え要因になりそうだとしており、今後の利益成長のカギは米国事業が握りそうだ。

太平洋セメの株価は9時17分現在377円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)