菱地所など不動産株が堅調、日銀の金融政策に期待

 三菱地所<8802.T>、三井不動産<8801.T>など大手不動産株が堅調。日銀の金融緩和姿勢の継続を背景とした長期金利の低位安定が、調達コストの低下など収益環境のフォローウインドとして意識される。前日は利食いに押されていたが、きょうは日銀の金融政策決定会合の結果発表を前に先回り買いが観測される。

菱地所の株価は9時22分現在2585円(△33円)
三井不の株価は9時22分現在3265円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)